沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄拳法空手道協会 「再建役立てて」選手権の収益金託す

2019年11月12日 07:31

 沖縄拳法空手道協会の喜納敏光会長が11日、沖縄タイムス社を訪ね、9日に沖縄空手会館で開催した第53回沖縄拳法空手道選手権の収益金4万1千円を首里城再建に役立ててほしいと託した。

大会の収益金を寄付した沖縄拳法空手道協会の喜納敏光会長(左)と喜屋武徹教士=11日、沖縄タイムス社

 那覇市首里池端町に道場を構えて約30年間、首里城祭に参加しているという喜納会長は「何としてもきれいな首里城を再建してほしい」と話した。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気