太平洋戦争中の1943年12月に民間人ら約600人を乗せた定期船「湖南丸」を撃沈し、44年に日本近海で消息を絶った米潜水艦「グレイバック」がこのほど、久米島沖で発見された。沈没した潜水艦を探索する米国の調査チーム「ロスト52プロジェクト」が11日、写真を公表した。

発見された米潜水艦「グレイバック」の船体(ティム・テイラーCEO提供)

沈没したグレイバックが発見された位置

「USS GRAYBACK」と書かれたプレート(ティム・テイラーCEO提供)

発見された米潜水艦「グレイバック」の船体(ティム・テイラーCEO提供) 沈没したグレイバックが発見された位置 「USS GRAYBACK」と書かれたプレート(ティム・テイラーCEO提供)

 同プロジェクトのメンバーで、歴史研究家の岩崎裕さんの推定を基に、沖縄本島の南西の海域を調査し、ことし6月に75年ぶりに発見した。久米島の南約40キロ、水深435メートルの位置に沈んでいた。

 同プロジェクトを率いる米国の海洋開発会社「ティブロン・サブシー社」のティム・テイラー最高経営責任者(CEO)が本紙に提供した写真では、船体や「GRAYBACK(グレイバック)」と書かれたプレートなどが確認できる。

 グレイバックは多くの日本船を撃沈したことで知られているが、その最後はよく分かっていなかった。

 一次資料を再調査した岩崎さんが、戦後に残された経度情報に誤りがあることに気付き、従来の記録から240キロ離れた海底で発見した。乗員80人のグレイバックは44年2月26日、東シナ海で日本軍の爆撃を受け、沈没したことが分かったという。

 岩崎さんは「グレイバック発見のニュースを、攻撃した九七艦攻のパイロット3人と、湖南丸の犠牲者の慰霊碑『海鳴りの像』に手向ける花のように思っている」とコメントを寄せた。

 湖南丸で母の弟を亡くした戦時遭難船舶遺族会事務局長の大城敬人さん(79)は「米軍は民間船と知っていて攻撃したのではないか、国際法違反ではないかという思いで今日まで来た。日本政府も船舶犠牲者の補償はしないが、発見は改めてこの問題を考えるきっかけになる」と話した。

 戦時遭難船舶 1942年10月から45年11月にかけて、米軍の魚雷や空爆などの犠牲になった沖縄関係の船舶は、学童疎開船「対馬丸」を含め26隻に上った。沈没地点は南西諸島周辺だけでなく旧南洋群島などに及び、少なくとも計4580人が亡くなった。米軍は日本と中国や南方をつなぐ輸送路を断つため、沖縄近海に潜水艦隊を配備。戦時中は民間船も陸海軍の徴用船として、兵員や軍事物資などを運んでいたため、軍民の区別なく標的になった。那覇市若狭には、対馬丸を除く赤城丸や湖南丸など25隻の犠牲者をまつった「海鳴りの像」が87年に建立されている。