沖縄タイムス+プラス ニュース

神戸に掲げる「よみがえれ!首里城」 ひと街創り協議会の久利さんら350万円寄付

2019年11月12日 07:32

 美ら島沖縄大使で、「KOBE三宮・ひと街創り協議会」の久利計一会長は11日、県庁を訪れ、火災に遭った首里城の復旧・復興を支援しようと、寄付金350万円を富川盛武副知事に手渡した。

富川盛武副知事(左)に寄付金を手渡す久利計一会長=11日、県庁

 久利会長のほか、同協議会の会員から寄付金が集まった。13日から神戸市の三宮センター街に「よみがえれ!首里城」と書かれた垂れ幕を掲げ、募金箱を設置するという。久利会長は「今後も支援を継続する」と話した。

 富川副知事は「常日頃から沖縄県への情熱をいただき感謝します。多額の支援金は、首里城の復旧・復興支援に使わせていただきます」と語った。

 久利会長は神戸市内の児童養護施設の子どもたちが沖縄の自然や文化を体験するプロジェクト「笑顔と感動 KOBE夢・未来号・沖縄」を主催するなど関わりが深い。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気