東京・池袋で4月、乗用車が暴走し母子が死亡した事故で、警視庁は12日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)を書類送検した。起訴を求める「厳重処分」の意見を付けた。約7カ月に及ぶ捜査で車の機能に異常はなく、アクセルとブレーキの踏み間違えが事故原因と断定した。

 車が暴走し、歩行者が巻き込まれた事故現場を調べる警察官=4月、東京都豊島区

 今後は東京地検が起訴に向けた詰めの捜査を続ける。

 警視庁によると、車は事故現場から約200メートル前の左カーブで前方の車をよけようと車線変更を繰り返しながら加速し始め、時速90キロ台後半で母子をはねた横断歩道に突っ込んだ。(共同通信)