沖縄県が4月に999万9千人と発表していた2018年度の観光客数が、大台の1千万人を超えていたことが12日までに分かった。全日本空輸(ANA)が18年7月14日から同年8月31日まで運航していた伊丹(大阪)―石垣線の乗客6240人分が、同社から県へ報告漏れとなっていた。