【名護】国立沖縄工業高等専門学校の学生がこのほど、オリオンビール初のプレミアムクラフトビール「75BEER」をPRするホームページ(HP)を立ち上げた。産学連携の取り組みで、若者の目線から名護発ビールの魅力を伝える。

ホームページのトップ画面(提供)

 HP作成は授業の一環で「低コストでいかに発信していくか」をテーマに、ビールの成分を分析する分析班、会員制交流サイト(SNS)班と共に総勢10人で進めてきた。作成に携わった真栄田義史さん(21)は「学校で習ったノウハウを生かし、安くで情報を発信できる」と産学連携の利点を強調。HPでは分かりやすさを重視し「情報を詰め込みすぎずシンプルにした」と話した。

 SNS班は多くの若者が利用するツイッターを選び、自動でツイートするツールを開発。高江洲順吉さん(21)は「手間が掛からないよう毎日自動でツイートするようにした」と話す。

 一方、コンピューターの知識がないと稼働できないという課題も残った。後輩へ受け継ぎ、実用化に向けて引き続き取り組むという。