みそやしょうゆなどの調味料の製造を手掛ける赤マルソウ(糸満市、座間味亮社長)は17日、糸満市西崎の同社で創業祭を開く。同社の白みそを使ったいなむどぅちを無料で千杯配布するほか、西崎青年会のエイサー演舞やバンド演奏、ゲームコーナーなどもある。時間は午前10時から午後3時。雨天時は同社敷地内の倉庫で開催する。いなむどぅちを使用した新商品「みそクッキー」も販売する。

創業祭への来場を呼び掛ける赤マルソウの座間味亮社長(中央)ら=6日、沖縄タイムス社

 ことしは創業69周年で、創業祭の開催は4回目。例年およそ1500人の来場があるという。座間味社長は「沖縄はだし文化のため、全国的にも、みその消費量が少ない。みそのPRという意味も込めて、ぜひ会場に足を運んでほしい」と呼び掛けた。