共同通信 ニュース

都知事選、投開票は来年7月5日 「五輪の顔」候補選定加速

2019年11月13日 11:11

 東京都選挙管理委員会は13日の定例会で、来年夏の任期満了に伴う次期都知事選を6月18日告示、7月5日投開票とする日程を決定した。現時点での立候補表明者はおらず、7月24日に開幕を控えた東京五輪の「開催都市の顔」を巡って各党の候補選定の動きが加速しそうだ。

 東京都庁

 現職の小池百合子知事は来年7月30日で任期満了となる。公選法は任期満了前の30日以内に選挙を行うと規定。五輪への影響を最小にするため、条件を満たす最も早い日程で調整が進められていた。

 小池氏は再選への意向を明らかにしていないが、周辺の関係者には出馬を確実視する見方が強い。(共同通信)

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気