政府は13日、医療機関に支払う診療報酬の2020年度の見直しで、全体の改定率をマイナスにする方向で検討に入った。薬代などの「薬価部分」を引き下げ、医療費抑制につなげる狙い。(共同通信)