7月の参院選を巡る「1票の格差」訴訟で、福岡高裁那覇支部は「合憲」と判断した。選挙制度の見直しには「相応の時間を要する」のが主な理由だ。だが、今回の参院選までに制度を抜本的に見直すとした国会の約束に対して言及はなく、格差が3倍なら「合憲」とした理由も不透明だ。