沖縄タイムス+プラス ニュース

周囲に店舗密集し難工事に 那覇の旧公設市場の解体始まる

2019年11月14日 13:25

 今年6月に閉じた旧第一牧志公設市場の解体工事が14日午前、始まった。作業員たちは大型トラックに積まれた資材を降ろし、工具を取り付ける作業に取りかかった。

解体に向けた作業が始まった旧市場=14日、午前9時半ごろ

 解体は来年3月中旬の完了を目指す。18日からは仮囲いを旧市場の周りに設置し、本格的な作業を始める予定。工事用車両は開南交差点から開南中央通りを通って進入する。

 旧市場の付近には多くの店が連なり営業を続けている。現場の工事をまとめる共洋土建の国吉真樹さんは「周囲に多くの店が営業している中での建物の解体はなかなかない。事故のないよう万全な体制で取り組みたい」と気を引き締めた。

ありがとう牧志公設市場 ウェブ写真館
1960年代から現在まで、本紙が取材で撮影した写真を多数掲載しています。心に刻みたい沖縄の風景、こちらからチェックできます。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気