[支えとなって 終末期の緩和ケア](上) がんなどの病気による心や体の苦痛を和らげ、患者とその家族を支える緩和ケア病棟(ホスピス)。積極的な治療を終え終末期を迎える患者には、残された時間を穏やかに過ごすために、体の痛みのほか不安や抑うつなど精神的苦痛の緩和を含めた全人的ケアが施される。