沖縄県教育庁がまとめた県立学校教職員の2018年度の勤務実態調査では、過労死ラインの月80時間を超えた人数が延べ3078人(月平均257人)に上った。高校教員からは「負担軽減のため定員を見直して」などの声が上がる。