政治の闇に切り込んだ姿勢が称賛され、大ヒットした話題作「新聞記者」。シム・ウンギョン演じる主人公の女性記者・吉岡のモデルとなった東京新聞社会部記者、望月衣塑子氏ご本人が登場する。

「i―新聞記者ドキュメント―」

 納得のいくまで、とにかくしつこく、官房長官だろうが関係なく問い詰める望月氏は、同じ立場なはずの同業他社の記者たちの群れの中で、完全に浮いている。

 カメラを回すのは、オウム真理教を撮り、佐村河内氏の自宅での撮影を敢行した、桜坂劇場でもおなじみの森達也監督。報道されるニュースを全く違う目線で捉える監督は、望月氏に寄り添うでもなく、敵対するでもなく、彼女が行く先々に流れる「違和感」を切り取っていく。

 テレビで見たことのない、美しくない気まずさ満点の風景。そこにはたくさんの思惑や真実が詰まっている。

(桜坂劇場・下地久美子)

◇同劇場で上映中