スマートフォンの配車アプリを使い、目的地までのタクシー運賃を乗車前に確定させるサービスが15日、京都で始まった。料金に関する不安を解消して利用を促す一方、タクシー会社は効率的な運行が可能になる。京都は多くの訪日外国人が訪れる観光地で、安心して旅行に活用してもらう狙いもある。近畿でのサービス開始は初めて。

 タクシー運賃を乗車前に確定させるサービスが始まったスマートフォンの配車アプリ

 タクシー運賃は時間と距離を併用して計算されるのが一般的で、渋滞時は料金が上がる。新サービスでは、利用するタクシー会社に対応する配車アプリで乗車地と目的地を入力。表示される走行ルートと運賃に了承した上で申し込む。通常のメーター運賃も選べる。(共同通信)