大嘗祭(だいじょうさい)について、県内からも「政教分離に反する」など反対する意見が上がった。平成の大嘗祭について1990年に反対集会を開いた平良修牧師は「大嘗祭は人である天皇が神になることを具体化していく行事。キリスト者とはまったく相いれないものだ」と訴える。