国内最大規模の国際食品商談会「沖縄大交易会2019」(主催・同実行委員会)は、過去最多の参加企業が集まったことで、個別商談件数も増加し商談成立への期待が高まっている。国内外へ販路拡大を目指す企業や、メーカー同士の地域間連携を通じて新たな商品開発につなげようとする動きもあった。