皇位継承に伴う一代に一度しか催されない重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」が14日夜から15日未明にかけ、皇居・東御苑を舞台に皇室行事として営まれた。 首相ら三権の長や閣僚、全国の知事、各界の代表ら675人が招かれた。