【名護】髪飾りのような花がぶら下がって咲くのが特徴のサクララン(ガガイモ科)が市辺野古で開花している。つる性植物で自生するガジュマルをはっている。花は葉の付け根近くから出ている茎に多数集まり球形になっている。花は直径約1・5センチ。肉質の5角の星形で中央部は赤みを帯びている。葉は楕円(だえん)形で長さが約8センチあり、厚くて硬い。

ガジュマルの幹をはう、つる性のサクラランの花

 和名のサクラランは、花が桜、葉がランに似ていることから名付けられた。方言名は地域によって「カミサシバナ」や「チークヮーサー」「チーチークワサー」などと呼ばれている。(玉城学通信員)