沖縄県座間味村立慶留間小中学校大運動会がこのほど同校運動場で行われた。島内外、県外からも多くの人が参加し、在校生15人と教職員によるエイサーや、カツオ釣り競争など多彩なプログラムを楽しんだ。

全員リレーでゴールする糸嶺航生さん(左)と父親の直生さん=座間味村・慶留間小中学校運動場

 最後に行われた村3島(慶留間、阿嘉、座間味)の児童生徒による「全員リレー」では、慶留間小中学校チームのアンカーである糸嶺航生さん(14)がゴールを目指して力走。すると突然、航生さんの父親の直生さんにライバルチームのバトンが手渡され、サプライズの親子対決が実現した。今回が島で最後の運動会となる中学3年生の航生さんは「父親のことは事前に聞いていなかったのでびっくりした。小学生の時以来の真剣勝負ができていい思い出になった」と満足げ。「卒業したら島を離れるが郷友会の一員として、来年も再来年も慶留間の運動会を盛り上げたい」とこれからの抱負を語った。(赤嶺瑞美通信員)