ハンセン病の元患者が身内にいることを理由に、差別に苦しんできた。法廷闘争の末補償を勝ち取った家族は安堵(あんど)できるのだろうか。「これが救済を求める運動の終わりになってほしい」と願う一方、なお残る差別の深刻さに、心から喜べない人もいる。 補償法は訴訟の原告以外も対象となる。