広島大は17日、広島電鉄が運行する路面電車の軌道敷地内をバスに自動で走らせる実験を広島市で行った。広島大によると、同種実験は世界初。実用化できれば運転手不足の中でも運行を続けることができ、渋滞緩和や乗り換えの負担軽減にもつながることから、安全性の検証などを進める。

 広島市で行われた、路面電車の軌道敷地内をバスに自動で走らせる実験=17日未明

 実験は17日未明、路面電車の電停を含む約225メートルの区間で実施。自動運転システムの研究開発に取り組む東京大発ベンチャー「先進モビリティ」(東京)の小型バスを使用した。

  研究を率いる広島大の藤原章正教授(交通工学)は「路面電車との協調は広島市の環境を生かした画期的な技術だ」と話している。(共同通信)