沖縄タイムス+プラス ニュース

泡消火剤が海に流出 有害物質で汚染の可能性 1992年嘉手納基地で継続的か

2019年11月18日 09:00
9秒でまるわかり!
  • 米軍嘉手納基地で1992年まで、泡消火剤が海に継続的に流出していた
  • 人体への影響が疑われる有機フッ素化合物PFASを含んでいた可能性も
  • 周辺水源で汚染が確認されているが、米軍は因果関係を認めていない

 【ジョン・ミッチェル特約通信員】米軍嘉手納基地で1992年まで、泡消火剤が嘉手納マリーナなど基地外の海に継続的に流出していたことが分かった。人体への影響が疑われる有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)を含んでいた可能性がある。本紙が米情報公開法に基づいて報告書を入手した。

嘉手納マリーナ地図

 2010年代に泡消火剤が基地外に流出していたことは本紙報道で明らかになっているが、1992年時点の流出は確認された中で最も古い。

 報告書は92年8月付で、基地内の消防訓練施設を5月に調査した結果をまとめた。「施設からあふれた泡消火剤は明らかに海に排出されている」と記述した。「2フィート(約60センチ)の泡の層」が排水溝から流れ出したとの表現もある。施設の設計と訓練手順に問題があると指摘した。

 施設は86年に完成しており、以来流出が繰り返されてきたとみられる。いつまで続いていたかは不明。

 流出は米空軍の環境基準に違反する。米軍は日本の基準に違反するかどうかも検討したが、報告書は基準の英訳が「古くて不明確」なため分からなかったとしている。

 PFASは残留性が強く、代表的なものに毒性が判明しているPFOS(ピーホス)やPFOA(ピーホア)がある。

 本紙の取材で、消防訓練施設の近くにある洪水調整用ため池の水から2017年、PFOS最大500ppt(1pptは1兆分の1)、PFOA最大75pptを検出したことが判明している。米環境保護庁(EPA)の生涯健康勧告値は70ppt(PFOSとPFOAの合計)。嘉手納基地外の水源などでも高濃度のPFAS汚染が確認されているが、米軍は因果関係を認めていない。

追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
ジョン・ミッチェル
岩波書店
売り上げランキング: 83,373

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気