沖縄タイムス+プラス プレミアム

沖縄は「太平洋のゴミ捨て場」 ヒ素・PCB・毒ガス・細菌 8人死亡する事故も 米軍、戦後通じ環境汚染 

2019年11月18日 09:30有料

 【ジョン・ミッチェル特約通信員】近年、約45万人(北谷浄水場の給水を受ける7市町村)もの住民の飲料水の水源が、有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)の一種であるPFOS(ピーホス)やPFOA(ピーホア)によって汚染されている。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ