沖縄タイムス+プラス プレミアム

「校庭に空から部品が落ちる」 沖縄の基地問題 県議会の与党訪米団、国連や米政府に発信

2019年11月18日 09:30有料

 県議会与党訪米団(渡久地修団長)がニューヨーク、ワシントンの米主要2都市で5日間にわたる日程を終えた。国連や米政府、連邦議会に、県議会が3月に採択した名護市辺野古の新基地建設工事の即時中止と米軍普天間飛行場の閉鎖を求める決議を直接手渡すという目的を達成。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気