体力をつけるため、小学1年から空手を始めた。入門当初は比嘉師範からマンツーマンで型の手ほどきを受けた。 4年生まで大会に出場しても勝てないことも多く、悔しい経験から自身と向き合い稽古を重ねたことで成長。比嘉師範や親からもその変化を褒められ、自信につながったという。