眞境名由康組踊会(眞境名正憲会長)の「組踊・継承と創造 比較公演『女物狂』と『人盗人』」が15日、国立劇場おきなわで開かれた。玉城朝薫作「女物狂」の筋立ての面白さと、同作品を創作「人盗人」として発展させた眞境名由康の独創性を比較検証する意欲的な舞台となった。