在職日数が憲政史上最長となった安倍晋三首相。沖縄政策では、「県民に寄り添う」「理解を得られるよう丁寧に説明する」と繰り返す一方、名護市辺野古の新基地建設や東村高江のヘリパッド建設で警察や海上保安庁の職員を大量に動員し、抗議活動を排除するなど、歴代政権に比べ、強硬姿勢が際立つ。