【宮古島】宮古島市伊良部で18日に「ウランペレット(核燃料棒)」と書かれた物体が見つかったことを受け、原子力規制庁の職員が19日に宮古入りした。宮古島署で一時保管している物体を検査したところ、放射線は検出されなかった。

沖縄県宮古島市で見つかった「ウランペレット(核燃料棒)」と記載された物体(同市提供)

 同庁職員は放射線測定器を使用して検査したという。宮古島署は検査結果について20日午前、宮古島市防災危機管理課に通知した。

 市の担当者によると、経済産業省資源エネルギー庁の職員も調査のため宮古入りを計画している。