共同通信 ニュース

白鵬1敗堅持、朝乃山2敗で追う 貴景勝も勝ち越し

2019年11月20日 18:55

 大相撲九州場所11日目(20日・福岡国際センター)4場所ぶり43度目の優勝を狙う横綱白鵬は平幕竜電を危なげなく寄り切って10勝1敗とし、単独首位を堅持した。

 白鵬(右)が寄り切りで竜電を下す=福岡国際センター

 大関貴景勝は碧山を押し出して勝ち越し。新小結朝乃山は宝富士を寄り切って2敗を保った。関脇御嶽海は小結遠藤に寄り切られて5勝6敗となった。

 白鵬を追う2敗は朝乃山ただ一人で変わらず、3敗は貴景勝と正代、輝の平幕2人。十両は琴ノ若と木崎海が2敗でトップに並んだ。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気