気象庁によると沖縄の南にある台風27号は、発達しながら北西に進み、22日から23日にかけて先島諸島に接近する見込み。八重山地方、宮古島地方では、22日にかけて強風やうねりを伴う高波に注意が必要となる。沖縄本島地方も台風や前線の影響を受け、激しい雨が降る恐れがある。
  
 台風は21日午前3時には沖縄の南の北緯20度00分、東経125度20分にあり、時速約20キロで北北西へ進んでいる。中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心から半径280キロ以内では風速15メートル以上の強風となっている。

台風27号の針路予想図(気象庁HPより)

 先島諸島で21、22日に予想される最大風速は15~18メートル、最大瞬間は25メートル。石垣島地方、与那国地島地方では22日の最大瞬間が30メートルと予想している。

 波の高さはいずれも4メートル。しけの状態が続く見込みで、海上や海岸付近ではうねりを伴う高波に注意が必要となる。