堺市の竹山修身前市長(69)の関連政治団体の政治資金収支報告書に2億円余りの記載漏れがあり、大阪地検特捜部が捜査していた事件で、政治資金規正法違反の罪で竹山氏と政治団体の会計実務を担っていた次女が略式起訴されたことが21日、関係者への取材で分かった。

 竹山氏は特捜部の任意聴取に「報告書の作成は次女に任せていた」として自身の関与を否定していた。一方、自ら受け取った献金の金額を記したメモを作成していたのに、次女に報告していなかった。次女は特捜部の任意聴取に対し「会計処理がずさんだった。これまで問題にならなかったため、同じやり方を続けていた」と説明していた。(共同通信)