茨城出身。それが彼女のコンプレックス。東京で働き、「東京に負けるもんか!」って生きているうちに、コンプレックスが増大し「性格ブス」になったらしい。悲しくなるほど主人公・砂田はヤバイ。

ブルーアワーにぶっ飛ばす・スクリーンガイド

 仕事が出来ない人間を見つけては罵り、世の中を見下し、とりあえず結婚して、とりあえず不倫して。結婚相手にも不倫相手にも悪態をついて。

 こういう人には言ってやりたい。「え? あんた茨城出身なの?ウケる」って。思ってないけどね。彼女が一番傷つく言葉だから。

 そんな砂田が、根っからのシティーガールと共に、茨城の実家へ帰ることに。久々に再会した両親は「ザ・田舎」の親。自分の血筋をまざまざと認識させられ、それを受け入れて行く過程で、砂田の心の鎧(よろい)が剥がれていく。私の鎧も剥がれていく。戦う女性にお見せしたい1本。(桜坂劇場・下地久美子)

同劇場であすから