共同通信 ニュース

大リーグ、サイン盗みの調査拡大 アストロズ、18・19年も対象

2019年11月22日 09:37

 【アーリントン共同】米大リーグ機構のマンフレッド・コミッショナーは21日、アストロズが2017年に本拠地で電子機器を使って相手捕手のサインを盗んでいたとされる疑惑に関し、18、19年も調査対象とすることを明らかにした。

 アストロズは今季、ア・リーグ西地区で3連覇を果たした。17年はワールドシリーズ、今季はア・リーグを制覇した。調査結果次第でドラフト会議での指名権剥奪などの罰則を科す意向を示している同コミッショナーは「手掛かりをたどって徹底的に調べ上げる」と語った。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気