イタリア人のオーナーが営むイタリアン料理店『Vorale(ヴォラーレ)』。カジュアルに楽しめるイタリアンを提供するこのお店は、個性あるスタッフと陽気なオーナーが出迎えてくれます。


 シンプルなマグロ丼を食べられるのは『親父のまぐろ』。沖釣り歴40年以上の"親父"が釣ってきたマグロをさばくのは店主の"息子"。温かくてユンタク好きな夫婦が提供するマグロ丼は、新鮮そのもの。メニューは2種類のみですが、何度も足を運びたくなるお店です。


 物産展で那覇市長賞優秀賞を受賞したサーターアンダギーを販売している『KAME ANDAGI』。様々な種類のソースと一緒に、あちこーこーのアンダギーを楽しめます。


 地産の食材を活かしたスイーツショップ『マーサンミッシェル』。フランスのお菓子に衝撃を受けたオーナーが、沖縄のお菓子を新しいカタチで、多くの人に届けたいという思いから始まったこのお店。うちなーぐちの「まーさん(=美味しい)」と、フランスの名所「モン・サン・ミッシェル」を掛けてるように、小粋でお洒落なオキナワンスイーツを堪能できます。


 雑貨やアクセサリーを扱うショップも出揃います。ハンドメイドにこだわった「丈夫な帆布バック」を手がけるのは『TESHIGOTO』。ヴィンテージ感とお洒落なデザインが掛け合わさったバッグが光ります。皮の匂いが充満していて、どこか異国の職人工房を訪れた気分。店内に飾られてある「皮」でできた花笠は見ものです。