共同通信 ニュース

一戸誠太郎がBクラスで1位 スピードスケートW杯

2019年11月22日 23:44

 【トマショフマゾウィエツキ(ポーランド)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦は22日、ポーランドのトマショフマゾウィエツキで開幕し、格下のBクラスで男子5000メートルの一戸誠太郎(ANA)が6分25秒64で1位となった。土屋陸(日本電産サンキョー)は6位。女子3000メートルBクラスの高木菜那(日本電産サンキョー)は4分10秒78で3位、酒井寧子(富士急)は5位だった。(共同通信)

 男子5000メートルBクラスで1位の一戸誠太郎=トマショフマゾウィエツキ(共同)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気