タイムス×クロス 木村草太の憲法の新手

【木村草太の憲法の新手】(12)存立危機事態 不明確な法律、政府が判断 恣意的運用の危険

2015年7月20日 13:40

 7月16日、衆議院本会議で、安保関連11法案が可決された。これを、どう評価すべきか。 一連の法案は多分に問題をはらんでおり、集団的自衛権の行使が憲法違反なのは明らかだ。さらに問題なのは、「存立危機事態」がいったい何を意味するのかについて、政府・与党内でも一致をみないほど不明確になっている点だ。

人気連載「憲法の新手」が本になりました!

木村草太の憲法の新手2 木村草太の憲法の新手

沖縄タイムスのネットショップからも購入できます。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気