沖縄タイムス+プラス ニュース

「中国共産党のスパイ」と書かれ… 香港取材中の日本人、身の危険を訴え

2019年11月23日 10:27

 沖縄から香港に通い、抗議行動の取材を続ける大袈裟(おおげさ)太郎氏について、漫画家の孫向文(そんこうぶん)氏が「中国共産党の手先」「香港のみなさん、気をつけて」などと中国語でツイートしていたことが22日分かった。緊迫する香港にいる大袈裟氏は「悪質なデマで危険にさらされている。深刻な言論弾圧だ」と抗議している。

大袈裟太郎氏を「中国共産党の手先」などと記した孫向文氏のツイート

 日本で活動する中国出身の漫画家、孫氏は19日、ツイッターに「大袈裟太郎という日本人が現在、香港でスパイ活動をしている」などと中国語で書いた。日本語、英語でも同様に発信。大袈裟氏の写真も付けた。

 その直前には県内在住で参院選の出馬経験もある手登根安則氏が「孫さん、この男が普段中共に親近感を持つ沖縄の極左暴力集団と懇意であることを同胞の方々にお伝え下さい」と促し、孫氏はツイート後に「ツイートしました!」と報告していた。

 香港の抗議行動に対する警察の弾圧が激化しており、実弾も使用されている。警察官が抗議市民に成り済ます事例も確認されており、大袈裟氏は安全のため一時取材を控えざるを得なかった。

 香港の抗議行動を取材した経験がある県内在住ジャーナリストの李真煕(りまさひろ)氏は「現場には不信感が渦巻いており、攻撃される可能性は高い。香港メディアの知人もとても心配している」と話した。

 本紙は孫氏、手登根氏にツイートの根拠を尋ねたが、両氏とも取材に応じなかった。孫氏は取材依頼を受けたこと自体はツイッター上で明かし、「極左暴力に負けて」として、問題のツイートを削除した。(編集委員・阿部岳

SNSから見える沖縄幻想のメディア

高文研
売り上げランキング:38,832
連載・コラム
きょうのお天気