【沖縄】東南植物楽園(沖縄市)のイルミネーション「ひかりの散歩道」が23日、始まった。夜景観光の推進に取り組む「夜景観光コンベンション・ビューロー」(埼玉県)主催の第15回日本夜景遺産で、県内から初めてライトアップ夜景遺産に認定されて以降、初の開催。来場者らはきらびやかな光景を笑顔で楽しんだ。来年4月5日まで。

ハスの花と葉をモチーフにした電飾が浮かんだ池を背景に、写真を撮る来場者ら=23日、沖縄市・東南植物楽園

 イルミネーションは、電球を昨年比約3倍の180万球に増加。ハスの花と葉をモチーフにした電飾や、触ると色が変化するライティングボールなど、12のエリアで夜景が楽しめる。

 家族で訪れた板良敷杏美(あんび)さん(10)=那覇市=は「こんなにいっぱいの明かりは初めて」と笑顔で話した。

(写図説明)ハスの花と葉をモチーフにした電飾が浮かんだ池を背景に、写真を撮る来場者ら=23日、沖縄市・東南植物楽園(豊島鉄博撮影)