アニメで地域を活性化しようと、3月末にジュンク堂書店那覇店であったシンポジウム「アニメで街づくり!?」(沖映通り商店街振興組合主催)に登場した人気声優の藤井ゆきよさんと下地紫野さん。声でキャラクターに命を吹き込む彼女たちに、声優を目指したきっかけや、アニメの力をまちの活性化に生かす方法などを聞いた。(聞き手・真境名由夏、與那覇里子)
■インタビューの様子は動画でも公開中。http://youtu.be/zcYPpFH5ODw■関連記事 アニメでまちおこし カギは「地元のパワー」

―印象に残った役を教えてください

下地「今、放送中の『アイカツ!』の大空あかり役は、初めてアニメのオーディションで受かった役でした。しかも主役で、ゲームや映画にも出させてもらって、初めての経験をたくさんさせて頂(いただ)いています。スタッフさんにも、下地はあかりにしか見えないと言われるほど、すごく似ているらしくて、そういうところも嬉し恥ずかし。役と一緒に成長させていただいています」「これまで、子ども向け番組に出たいとは、強く思ってなかったんです。でも、『アイカツ!LIVE★イリュージョン』というイベントで、アイカツを応援してくださっているみなさんがキャラクターの歌や踊りに手拍子をしてくれたり、盛り上がったりしている姿を見ると、私、こんな作品に出ているんだと思って、感動で泣いてしまいました。こんなに応援してくれる人がいるんだったら、頑張ろう、頑張れると思いました。子ども向け最高!です」藤井「最初の主演は、やはり感慨深いものがあります。私の初めての主役が、『サカサマのパテマ』という映画でした。その舞台あいさつの時、家族と、ずっと応援してくれていた友達を会場に呼ぶことができました。少しでも恩返しできたかなという思いも生まれて、大切な作品になりました。それに、実際に見てくれてくれる人たちの熱を感じることが声優さんって実は少ないので、それこそ舞台あいさつは感動しちゃいます。もちろん、どのキャラクターも自分の分身であり、我が子なので、どの役でも、どの作品に対してもすごく思い入れがあります」

―今後、やってみたい役はありますか

下地「クールな役とロボットアニメの紅一点をやってみたいです。私は見た目から、高めの声を想像される方が多くて、実際、お話してみると落ち着いてるねと言われます。だから、いい意味で期待を裏切って、この役って下地さんがやってたんだって言われるようになりたいです」藤井「子ども向けの作品は、出続けたいなと思います。私が小さいころは、夕食の時間に世界名作アニメ劇場をやっていて、それが家族団らんにもなっていました。最近、その時間帯に見られるアニメが少ないので、もう一回、そのブームこないかなって思いつつ、家族で楽しめる作品にたくさん出られると幸せだなと思います」

―アニメを舞台にまちおこしに取り組んでいる地域もあります。アニメの力をどのように感じていますか

藤井「以前、携わった『甘城ブリリアントパーク』(略・甘ブリ)という作品があります。入場者数に伸び悩む閉園危機の遊園地を舞台にした作品でした。その作品の世界観や地名とよく似ている地域が東京にあるんです。実際に、その地域の遊園地と東京ヴェルディさんとコラボイベントが開催されています。甘ブリに興味のある人たちがイベントに来て、サッカーに興味を持ってもらえたり、サッカーを見に来てくれたお客さんがアニメにも興味を持ってもらえるような、アニメが町を盛り上げる相乗効果になってもらえるとうれしいし、素敵なことだと思います」下地「アニメは、モデルになる場所が本来持つ魅力をうまいこと引き出すことができると思うんです。だから、その場所に行ってみようと実際に足を運んでくれる人がいて、観光地としても盛り上がるんじゃないでしょうか。アニメのそういう力はすごくいいなと思いますね」