アニメで地域を活性化しようと、3月末にジュンク堂書店那覇店であったシンポジウム「アニメで街づくり!?」(沖映通り商店街振興組合主催)に登場した人気声優の藤井ゆきよさんと下地紫野さん。声でキャラクターに命を吹き込む彼女たちに、声優を目指したきっかけや、アニメの力をまちの活性化に生かす方法などを聞いた。(聞き手・真境名由夏、與那覇里子)
■インタビューの様子は動画でも公開中。http://youtu.be/zcYPpFH5ODw■関連記事 アニメでまちおこし カギは「地元のパワー」

―声の持つ力についてはどうお考えですか。

下地「アイカツの劇場版公開後に夜の上映会がありました。それに合わせて、特別に注意事項のナレーションを録音したんです。私は上映会に行けなくて、その場いたスタッフさんから聞いたのは、私のあかりちゃんの声が流れた瞬間、お客さんがわーっと盛り上がったという話でした。声だけで喜んでいただけるというのは、すごく嬉しいことだなと思いました。もし機会があれば、生でやってみたいですね」藤井「例えば、甘ブリでやった『ラティファ・フルーランザ』という役は、私は声だけでしか彼女を彩っていません。でも、ほかにも絵を描く人が愛を注いでキャラクターを作っているし、効果音の担当の方もいるし、みんなでキャラクターを作りあげています。私たちは声で表現するしかありません。私はキャラクター自身ではないけれど、そのキャラクターの声でも聞きたいと言ってくださる方もいます。でもそれは、声の力というより、作品の持つ力だと思います。とってもありがたいことですよね」

―アニメを使って、沖縄のまちおこしにつながるアイデアを教えてください

藤井「アニメは、やっぱり作品ありき。脚本がなければ、作品は生まれないので、沖縄の方が考えた脚本を書いて、アニメ化して、ヒットできたら、とってもまちおこしになるんじゃないかなと思います。聖地(注:アニメや漫画の舞台)になるかもしれないし、聖地巡礼として、いろいろ巡ってくれたらうれしいですね。アニメを作って居る人は東京に多いので、東京と沖縄で手を組んで、作品を作っていったらいいのかなと思います」下地「沖縄の人が感じている魅力と、東京の人が感じている魅力を融合できたらいいなと思います。その場所が元々持っている魅力を見つけて、地元の人の愛があるところを生かせたらいいですよね。上京してから、『沖縄いいね』『修学旅行で行ったよ』『旅行で行ったよ』と話してくれる人がたくさんいます。国際通りはお土産屋さんもたくさんあって、北部に行くと、美ら海水族館など有名な名所もあって盛り上がっている感じがします。でも、沖縄市の銀天街商店街が解散してしたという話も聞きましたし、そこは私も東京で学んだこと、思ったことを還元していきたいです」

―沖縄のファンにメッセージをお願いします

藤井「沖縄初上陸。見る物すべてが新しくて、ご飯もおいしくて、満喫しています。沖縄でも声優さんのイベントが増えたら、沖縄に来る機会も増えるし、ありがたいなと思っています。恐らく、こちらをご覧のみなさんが、『もっと呼んでくれ』って言ってくれることが大事なのかなと思います(笑)。私も沖縄の放送のアニメに出られるように、今後とも頑張っていきますので、応援よろしくお願い致します」下地「上京してから沖縄の素晴らしさを感じています。まだまだ若輩者ですが、これからたくさん沖縄で放送されるアニメに出て、東京で吸収したものを沖縄にたくさん返していけたらと思います。これからも応援、よろしくお願い致します」(注:インタビューは2015年3月に行いました)