木村草太の憲法の新手

【木村草太の憲法の新手(3)】表現の自由(中)悪質な言論 人類への脅威 政府の適切な規制必要

2015年3月3日 13:18有料

 前回、表現は、私たちの生活を豊かにする、社会への贈与だ。だから、表現が萎縮しないように、手厚く保護しなければならない、と述べた。これを前提にすると、「悪い表現は守る価値がなく、もっと規制すべきだ」と考える人もいるだろう。

人気連載「憲法の新手」が本になりました!

沖縄タイムスでの好評連載をまとめた第2弾。2017年1月から19年3月までを収録。改憲論議、児童虐待、文書管理、デマとの対峙、県民投票など多岐にわたる事象を、憲法学の観点から論じる。

■木村草太 著
■四六判/211ページ

ご注文はこちら

連載・コラム
記事を検索