【台湾・台中市】第12回台湾・沖縄友好ゴルフカップ(主催・同実行委員会)が9月20日、台中市の霧峰ゴルフ場で開かれた。沖縄から115人が参加、台湾のゴルフ関係者、行財政の代表らを交え150人規模でラウンドした。

 大会は2008年、沖縄・台湾交流振興会の平田久雄会長らが台湾、沖縄双方の観光やゴルフ振興を目的にスタート。隔年で交互に開催地を代えて実施している。

(写図説明)台湾と沖縄のゴルフ交流をさらに深化させようと誓い合った懇親会=台中市・清新温泉飯店