沖縄タイムス+プラス ニュース

嘉手納基地で大型輸送機が緊急着陸 米軍C17、ハッチが開いたまま

2019年11月25日 16:13

 【中部】米軍嘉手納基地で25日午前11時55分ごろ、外来機のC17大型輸送機が1機、南側滑走路に緊急着陸したのが確認された。目撃者によると同機は午前10時40分ごろに同基地を離陸した際、機体下部左右にあるハッチが開いたままの状態だった。着陸後もハッチは開いており、何らかのトラブルが発生したと見られる。

嘉手納基地に緊急着陸したC17大型輸送機。機体下部のハッチが開いたままの状態なのが確認できる=25日午後0時過ぎ、嘉手納基地(読者提供)

 ハッチ内には高温の熱源体「フレア」が収容されている。目撃者によると、同機は着陸後、地上の隊員がハッチ周辺を点検する様子が確認された。その後同機は駐機場に移動した。滑走路の閉鎖はなかった。

 県や嘉手納基地周辺の自治体は事実関係について沖縄防衛局に照会している。

 

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気