沖縄県が999万9千人と発表した2018年度の観光客数が、航空会社の報告漏れで1千万人を超えていた件で、県は26日、同年度の観光客数を1千万4300人(5300人増)に修正したと発表した。これに伴い観光収入も7340億5600万円(5億7900万円増)に変更した。

修正後の観光客数と観光収入の推移

 玉城デニー知事は「8月時点で疑義が生じたにもかかわらず公表が遅れ、関係者におわびしたい。公表数値のチェック体制強化に努める」とコメントを発表した。

 修正があったのは、18年7~8月の全日本空輸(ANA)の石垣―伊丹路線。修正後の両月の観光客数は7月が88万5800人(1700人増)、8月が104万1500人(3600人増)だった。

 県文化観光スポーツ部の新垣健一部長によると、今年8月16日に7月の観光客数を取りまとめていた際に、前年7月の観光客数の報告漏れを把握。同社へ正確な数値の報告を求めた。玉城知事への報告は10月4日だったという。

 報告漏れを把握して3カ月以上が経過して公表したことについて、新垣部長は「スピード感を持って取り組めばよかった。統計データの重要性を再認識しなければならない」と謝罪。再発防止については「各企業へ正確な数値の報告をしてもらえるよう、協力を求めたい。担当部局の確認態勢の強化を図りたい」と説明した。