沖縄タイムス+プラス ニュース

「女性と考えず、全力で」 男子高校生、デンマーク女子代表に競り勝つ

2019年11月27日 08:06

 2020年東京五輪出場を目指し、沖縄県浦添市で合宿するハンドボールのデンマーク女子代表は26日、ANAアリーナ浦添で興南高の男子と練習試合を行った。世界ランキング6位の高い技術に、会場に集まった約400人は歓声を上げ、試合後は記念撮影などをして交流した。

ハンドボールの練習試合で対戦する興南高の男子と女子デンマーク代表=26日、ANAアリーナ浦添(下地広也撮影)

 デンマーク代表は22日に来沖。五輪出場権を懸けた世界選手権(30日開幕、熊本県)に向けて実戦感覚を養おうと、南部九州総体3位の男子興南と対戦した。

 仕上がり具合が80パーセントというデンマークは、攻守での強い当たりや角度のない位置からシュートを決めるなど、高いテクニックを披露。試合は興南が27-26で接戦を制した。

 興南の黒島宣昭監督は「世界のトップチームと戦えていい経験」、瑞慶山充貴主将は「女性とは考えず、全力で勝ちにいった。パワーに圧倒された」とそれぞれ語った。デンマークのスティーナ・ヨルゲンセン主将は「楽しんでプレーしてほしい」と選手たちにエールを送った。(又吉健次)

 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気