2018年度の観光客数999万9千人から1千万4300人に修正されるまで、県が航空会社の報告漏れを把握してから約3カ月半かかった。玉城デニー知事は修正が遅れたことを謝罪し、チェック体制を強化するとコメントを発表したが、具体的な再発防止策は示されていない。