沖縄総合事務局は28日、オリックス自動車(東京都)、日産自動車(横浜市)、シェアサイクルの運営を手掛けるプロトソリューション(宜野湾市)と連携し、高速バスからカーシェアやシェアサイクルに乗り換える2次交通環境整備実証実験「島ぐる」を、12月1日から来年2月28日まで実施すると発表した。路線バスとカーシェア、シェアサイクルを組み合わせた実証実験は、県内で初の試み。

実証実験のイメージ図

 空港から高速バスで本島中北部へ移動し、カーシェアやシェアサイクルに乗り換えることで、那覇市内や南部に集中する自動車の分散化と、慢性的な交通渋滞の解消を目指す。

 また、観光客が那覇空港到着後、待ち時間なく車両を受け取れる環境を整え、混雑時のストレス解消などにつなげたい考えだ。

 車はオリックスと日産が、シェアサイクルはプロト社が提供する。恩納村や名護市、本部町の路線バス停留所付近にあるホテルや観光地などで借りられる。

 車両は名護市役所や、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートなど7カ所で計12台貸し出す。シェアサイクルは、おんなの駅や海洋博公園など24カ所に約100台設置する。

 総事局の担当者は「県内の自動車保有台数が年々増加するだけでなく、観光客増に伴いレンタカーの利用も伸び、交通渋滞が大きな課題となっている」と指摘。「運転が不慣れな観光客の絡む事故も増加している。自動車の分散化を通して、安全・安心で快適な交通環境をつくるきっかけにしたい」と話した。

 担当者によると、今回の実証実験で一定の成果が上がれば、那覇市内でも同様の実験を実施したいとしている。