こだわり過ぎるのはいけませんが、先立つものはやはりお金-。「赤穂事件」を発端とした、討ち入りを巡る赤穂城内の予算のせめぎ合い。「忠臣蔵」を題材に、サムライの本音と建前を面白おかしく、時にシビアに描く。

決算!忠臣蔵

 主君への忠誠を行動で示した赤穂浪士の討ち入りは、勇壮な物語として語り継がれている。その一方で、主君・浅野内匠頭亡き後、お取りつぶし(没収)が決まった城内では、各役職のさまざまな思惑が渦巻いていた。

 宿敵、吉良邸への即刻討ち入りを主張する筆頭家老、大石内蔵助(堤真一)と、お金の捻出に腐心する勘定方の矢頭長助(岡村隆史)。理想と現実、さまざまなアクシデントや運も味方に付けて、予算は固まっていく。何かと物入りの年末、身につまされるお話です。(学芸部・天久仁)

◇シネマQ、ライカムで上映中