沖縄タイムス+プラス ニュース

ホームラン王、首里城再建に500万円を寄付していた

2019年11月30日 05:11

 プロ野球パ・リーグの埼玉西武ライオンズに所属する山川穂高選手がこのほど、那覇市に首里城の再建費用として500万円を寄付していたことが29日、分かった。山川選手は来年1月に那覇市役所を訪れ、城間幹子市長に首里城への思いを伝える予定という。

西武の山川穂高選手

山川選手

西武の山川穂高選手 山川選手

 山川選手の寄付について城間市長は29日、感謝の気持ちは山川選手に直接会って伝えたいとの意向を示した。

 山川選手は那覇市出身。9月には2年連続2度目のパ・リーグ本塁打王に輝いた。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気